IUGONET 研究集会

名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会 『地球科学メタ情報のデータベース:現状とその利用』および『大学間連携事業(「超高層大気長期変動の全球地上ネットワーク観測・研究」)の進展』

日時:平成22年2月2日(火) 12:50-17:10 (18:00- 懇親会)
       2月3日(水) 9:00-14:00

会場:名古屋大学野依記念学術交流館

講演タイトル 時間 著者(講演者に下線)
2月2日(火)
TV会議システム接続 12:00-    
開会のあいさつ 12:50-13:00 家森俊彦(京大地磁気)  
大学間連携事業活動報告
(座長 : 林寛生)
平成21年度成果報告 13:00-13:20 林寛生(京大生存研)、IUGONET開発グループ
作業グループ別進捗報告(1):メタデータフォーマット調査・策定 13:20-13:40 堀智昭(名大STE研)、IUGONET開発グループ
作業グループ別進捗報告(2):リポジトリソフトウェア調査 13:40-14:00 小山幸伸(京大地磁気)、IUGONET開発グループ
作業グループ別進捗報告(3):解析ソフトウェア調査 14:00-14:20 田中良昌(極地研)、IUGONET開発グループ
ERGサイエンスセンター計画とIUGONETとの連携 14:20-14:35 三好由純、関華奈子(名大STE研)、ERGサイエンスセンタータスクチーム  
今後の開発スケジュール 14:35-14:45 林寛生(京大生存研)、IUGONET開発グループ
ディスカッション 14:45-15:05    
休憩 15:05-15:20    
超高層大気長期変動の研究 ー 大学間連携事業に期待するところ ー
(座長 : 田中良昌)
サブストーム発生確率の長期変動 15:20-15:40 能勢正仁(京大地磁気)  
南極・昭和基地における電離圏の長期データ解析 15:40-16:00 元場哲郎(極地研)、丸山隆、中村真帆、石井守(NICT)  
太陽風構造の長期変動と現太陽活動極小期の特色 16:00-16:20 徳丸宗利(名大STE研)  
Long-term observations of MLT (mesosphere and lower thermosphere) dynamics with meteor and MF radars in Asia-Oceania 16:20-16:40 津田敏隆、N. V. Rao(京大生存研)  
ディスカッション 16:40-17:00    
講演タイトル 時間 著者(講演者に下線)
2月3日(水)
TV会議システム接続 08:30-    
地球科学メタ情報のデータベース:現状とその利用(1)
(座長 : 荻野竜樹)
地球惑星科学仮想データセンター構想と大学間連携事業の関連および現状 09:00-09:20 家森俊彦(京大地磁気)  
地球惑星科学仮想データセンター構想のメタデータフォーマットについて 09:20-09:35 吉田大紀、家森俊彦(京大地磁気)
地球惑星科学仮想データセンター構想とグリッド及びJGN2plusプロジェクトの現状 09:35-09:55 荻野竜樹(名大STE研)  
名古屋大学の情報基盤センターと太陽研のグリッドプロジェクトの現状 09:55-10:10 河野貴久、堀智昭、荻野竜樹(名大STE研)  
eGYの現状と今後の展開について 10:10-10:30 石井守(NICT)
休憩 10:30-10:45    
地球科学メタ情報のデータベース:現状とその利用(2)
(座長 : 家森俊彦)
NICTYによるメタデータ収集 10:45-11:05 國武学、村田健史(NICT)  
グリッドデータファーム (Gfarm) と JGN2plus による NICT サイエンスクラウドストレージ 11:05-11:25 森川靖大(NICT)
地球科学情報の統合:現状と課題 11:25-11:55 北本朝展(国立情報学研究所)  
ディスカッション 11:55-12:15    
昼食 12:15-13:40    
学術会議WDC小委員会/eGY小委員会
(座長 : 渡邉堯/石井守)
WDSSC参加報告 13:40-14:00 渡邉堯(名大STE研)  
WDC小委員会 14:00-15:30    
eGY小委員会 15:30-17:00