OpenSearch

クエリ仕様

クエリ構成する各パラメータは以下のとおりです。
No.パラメータ必須/任意内容
1query必須検索したいワードを文字列形式で指定する。
2Granule任意(*1)Granule のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Granule=granule 。
3NumericalData任意(*1)NumericalDataのメタデータを検索対象に指定する。指定方法は NumericalData=numericaldata 。
4DisplayData任意(*1)DisplayData のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は DisplayData=displaydata 。
5Instrument任意(*1)Instrumentのメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Instrument=instrument 。
6Observatory任意(*1)Observatory のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Observatory=observatory 。
7Person任意(*1)Person のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Person=person 。
8Catalog任意(*1)Catalog のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Catalog=catalog 。
9Repository任意(*1)Repository のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Repository=repository 。
10Document任意(*1)Document のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Document=document 。
11Registory任意(*1)Registory のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Registory=registory 。
12Service任意(*1)Service のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Service=service 。
13Annotation任意(*1)Annotation のメタデータを検索対象に指定する。指定方法は Annotation=annotation 。
14ts任意観測開始時刻を指定する。入力書式は Web I/F と同じ。
15te任意観測終了時刻を指定する。入力書式は Web I/F と同じ。
16tz任意タイムゾーンを指定する。UTC または JST のどちらか。省略した場合は UTC を適用。
17nlat任意地理空間のN端を指定する。単位は degree。
18slat任意地理空間のS端を指定する。単位は degree。
19elon任意地理空間のE端を指定する。単位は degree。
20wlon任意地理空間のW端を指定する。単位は degree。
21search_obj任意検索種別を指定する。検索対象を超高層大気データのみとする場合は search_obj=earth とし、太陽画像データのみとする場合は search_obj=sun とする。省略した場合は両者が検索対象となる。
22region任意太陽画像データの種別(全画像/部分画像)を指定する。search_obj=sun とした場合のみ有効。検索対象を全画像のみとする場合は region=FullDisk とし、部分画像のみとする場合は region=PartialRegion とする。省略した場合は両者が検索対象となる。
23rpp任意1ページあたりの表示件数(1リクエストあたりの応答件数)を整数(>0)で指定する。省略した場合は10を適用。
24start任意表示(応答)するメタデータの先頭位置を指定する。省略した場合は0(先頭)を適用。
25sort_by任意ソート対象を指定する。0 (Relevance: メタデータの登録日時), 1 (Granule StartDate: 観測開始時刻), 2 (ResourceType: リソースタイプのアルファベット) のいずれか。省略した場合は Relevance を適用。
26order任意ソート順を指定する。sort_by パラメータと組み合わせて利用する。ASC (昇順) または DESC (降順) のどちらか。省略した場合は DESC を適用。

出力仕様

レスポンスのフォーマットはATOM1.0です。(OpenSearchはRSS, HTML形式によるレスポンスもできますが、未検証です。
No. タグ名 出現回数
(N>0)
内容 備考
第1階層 第2階層 第3階層 第4階層 属性
1 xml 1 XML宣言 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
2 feed 1 ルート要素
xmlns 1 "http://www.w3.org/2005/Atom"
xmlns:dc 1 "http://purl.org/dc/elements/1.1/"
xmlns:opensearch 1 "http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/"
3 title 1 フィールドのタイトル "IUGONET Metadata DB"
4 link 0..N フィールドへのリンク
href 1 フィールドへのリンクURI "http://search.iugonet.org/iugonet"
rel 0..1 リンクURIの関係 "alternate"
5 subtitle 0..1 フィールドのサブタイトル
6 id 1 識別IRI "http://search.iugonet.org/search"
7 updated 1 更新日時 サーバ側で更新が行われた日時。
(No.8 dc:date要素値と等価)
8 dc:date 1 検索日時 検索が行われた日時。
書式は [YYYY-MM-DDTHH:NN:SSZ]
9 opensearch:itemsPerPage 1 データ返却数 1レスポンスあたりのデータ返却数。
(検索クエリのrppパラメータに設定した値)
10 opensearch:totalResults 1 検索該当総数 検索に該当するメタデータの総数。
11 opensearch:startIndex 1 データ先頭位置 検索に該当するデータの先頭からの位置。
(検索クエリのstartパラメータに設定した値)
12 opensearch:Query 1 検索クエリ
role 1 クエリロール "request"
searchTerms 0..1 検索クエリ クエリ文字列
startPage 0..1 ページ番号 現在のページ番号
13 entry 0..N 検索結果を格納するフィールド メタデータ1件あたり1つの<entry>...</entry>を構成する。
14 title 1 ResourceID メタデータのResourceID。
15 link 0..N メタデータURIを格納するフィールド
href 1 メタデータURI メタデータの所在を示すURI。
rel 0..1 リンクURIの関係 "alternate"
16 author N 著者情報を格納するフィールド
17 name 1 著作名 (空白)
18 id 1 メタデータURI メタデータの所在を示すURI。
(link要素のhref属性値と等価)
19 updated 1 メタデータ登録日時 メタデータがDBに登録された日時。
書式は [YYYY-MM-DDTHH:NN:SSZ]
20 published 0..1 メタデータ公開日時 メタデータがwebで公開された日時。
書式は [YYYY-MM-DDTHH:NN:SSZ]
21 dc:date 1 メタデータ作成日時 メタデータが作成された日時。
書式は [YYYY-MM-DDTHH:NN:SSZ]
22 dc:identifier 1 観測データURI 観測データの所在を示すURI。
23 dc:source 1 メタデータファイルURI メタデータのファイルの所在を示すURI。
24 Spase (記載省略) (記載省略) 1 メタデータの内容 メタデータのXMLが<Spase>~</Spase>にそのまま入る。
階層構造については、IUGONETウェブサイトに掲載のスキーマファイルを参照のこと。